産後骨盤矯正

産前の不調を改善!!

「手技」により産後大きく広がってしまった骨盤を本来の形に戻し「腰痛」「冷え」「股関節の痛み」などを緩和を図ります。

このような症状は産後骨盤矯正がおすすめです!

  • 産前の体形になかなか戻らない

  • 産後、姿勢や歩き方が変わってしまった

  • 子供を抱っこしていると腰に痛みを感じる

  • 産後、冷え性になった

産後骨盤矯正ってなに?

女性にとって「妊娠」「出産」そして「育児」は、とても大きな出来事です。

そして、「生活」も「心」も「身体」も大きな変化をもたらす時期でもあります。

このページでは、「妊娠」「出産」における身体の変化の中でも骨盤の変化に着目し、お話していきたいと思います。

 

 

 

【妊娠・出産で女性の骨盤はどう変わるの?】

 

女性は、妊娠3~4か月頃から出産まで、赤ちゃんが通りやすくするため靭帯を緩めるホルモン「リラキシン」が分泌されます。

この時期からホルモンの影響により、骨盤は開きやすくゆがみやすい状況となります。そのためこの時期に偏った姿勢や習慣などを取ってしまうと骨盤にゆがみが生じやすくなります。

出産時、骨盤の開きはピークになり、骨盤周辺の靭帯や骨盤底筋へも大きな負荷が生じます。もちろん徐々にこの骨盤の開きは元の状態へと戻り、緩んでしまった靭帯や骨盤底筋も数か月かけてもとの状態に戻ろうとしていきます。

しかし、以前からの偏った姿勢や抱っこや授乳といった子育ての負担によって正しい位置に戻ることができず、骨盤がゆがんだ状態になってしまうことがあります。

その骨盤のゆがみは、内臓の位置を下げ「消化不良」や「便秘」を引き起こしたり「腰痛」や「肩こり」などの不調をもたらします。

また、将来「尿漏れ」などのトラブルの原因にもなることがあります。

それらの不調を予防するためにも「産後ケア」は重要なのです。

 

【産後骨盤矯正とは】

 

産後骨盤矯正とは、妊娠中や産後に開いてしまった骨盤をもとの状態に戻すための施術となります。

通常の骨盤矯正では、姿勢の矯正を重視していて、骨盤を調整して正しい姿勢が取れるように施術を行っています。

それに対して産後骨盤矯正では、体型の矯正を重視していて、出産によって開いた状態になっている骨盤を出産前の位置まで戻して、ゆるんだ骨盤や筋肉を引き締めることを目的としています。

 

【産後骨盤矯正の開始時期は?】

 

産後、お母さんは心身ともにとても不安定な状態となります。

体力も回復していないため、施術は産後2か月から3か月程度して、身体が落ち着き生活にも慣れてきたころから開始しましょう。

※骨盤や周辺の靭帯などがまだ柔らかい産後6か月程度までに開始することをおすすめします。6か月の施術はより高い効果を感じられます。

産後、骨盤がゆがんだり開いたままだと・・・

産後は、様々な不調が起こりやすくなります。その原因のひとつに「骨盤のゆがみ・開き」があげられます。

産後、骨盤が正しい位置に戻らないとどのような症状が発生するのでしょうか。

具体的にお話したいと思います。

 

 

 

【骨盤のゆがみ・開きによる症状】

 

●体形の変化

 

骨盤の位置が悪いと内臓が下がりお腹がぽっこりと出てしまい「産前の洋服が着れない」「お尻が大きくなった」などのお悩みが生じやすくなります。

 

●冷え性

 

骨盤のゆがみは、骨盤周辺の血管を圧迫し血流の悪化に繋がります。

血液の流れが悪くなると身体の末端まで十分な血液を送ることができなくなり、手や足の先に冷えを感じるようになります。

 

 ●股関節の痛み

 

身体のバランスが崩れ股関節への負担が大きくなります。

負荷が大きくなると股関節の痛みだけではなく可動範囲の制限といった症状が現れ症状が重くなると上手く歩けなくなることもあります。

 

 ●腰痛

 

腰の筋肉にも負担がかかり、常に疲労して緊張した状態が続いてしまいます。それにより腰痛がなかなか緩和できず、慢性的な症状になってしまうことがあります。

LIFE CONDITIONING CARE 寺尾鍼灸接骨院では・・・

当院の産後骨盤矯正プログラムは産後大きく広がってしまった骨盤を本来の形に戻していく矯正になります。

矯正方法は機械を使わず手技ですべて行います。

また妊娠・出産は、インナーマッスルが衰えやすい時期でもあります。そのため当院では、楽トレ(複合高周波EMS)を行いインナーマッスルを鍛えることで骨盤の安定・産後の腰痛・尿もれ・自律神経系の不調・肌荒れなどのマイナートラブルに対しての予防・改善をしていきます。

この産後産後骨盤矯正を行う上で、「リラキシン」というホルモンが重要になります。

このホルモンは陣痛が始まると大量に分泌され骨盤・恥骨結合部のみならず全身の靭帯を弛緩し、赤ちゃんが産道を通りやすくします。

この際、恥骨結合が大きく広がり、本来逆三角形である骨盤が四角になります。

その結果骨盤が大きくなって肉がつきやすくなり体型が変わってしまいます。

産後1年以内はリラキシンの作用で骨盤・恥骨結合部が緩くなっている状態なのでこの時期に産後骨盤プログラムを受けることをオススメします。産後6ヶ月以内に始めるのが理想となります。

よくある質問 FAQ

  • なぜ産後は骨盤がゆがみやすいんですか?
    女性の骨盤は胎児が通りやすくなるように、出産の際にに大きく開く性質があります。
    次第に元の状態に戻ろうとしますが、以前からの偏った姿勢や産後の負荷により骨盤がゆがみやすくなります。
  • どのような症状に効果がありますか?
    骨盤のゆがみにより生じる下記のような症状に効果が期待できます。

    「腰痛」「冷え性」「腰や関節の痛み」「尿漏れ」
    また、骨盤の位置が戻ることで腰回りのお肉をすっきりさせる効果も期待できます。

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:寺尾鍼灸接骨院
住所〒335-0016 埼玉県戸田市下前2丁目7−10

ブリラ・クレモ101

最寄:JR埼京線「戸田公園駅」徒歩8分
駐車場:2台
                                                                   
診療時間
10:00〜
14:00

14:00〜20:00

10:00〜18:00
16:00〜
20:00
休診日 :第1・3日曜、祝日

【公式】寺尾鍼灸接骨院 Facebookアカウント 寺尾鍼灸接骨院では公式SNSアカウントを運用中!

【公式】寺尾鍼灸接骨院 Facebookアカウント 寺尾鍼灸接骨院では公式SNSアカウントを運用中!

【公式】寺尾鍼灸接骨院Facebook フォローお願いします!

  • 毎月お得なクーポン情報を発信しています
  • 新しいサービスなどのご案内をしています
  • キャンペーン情報などいち早く入手できます